Welcome to JOHAN VOS SPORT SCHOOL
最新情報

2009年の最新情報

 2009/12/21  年末年始のお知らせ
お正月休みは12月27日(日)〜1月3日(日)となります。
新年の営業は1月4日からとなります。
よろしくお願いいたします。
 2009/12/19  『食えんのか』ボスジム大忘年会
『食えんのか』ボスジム大忘年会を行いました。盛大に行われ男女合わせて、50名近い人数が集まり愉しい宴となりました。二次会、ボーリング。三次会、カラオケと、始発で帰るメンバーもちらほら(笑)大変盛り上がりました。
企画発案して下さった幹事、ご参加下さったメンバーの皆様、楽しい時間を本当にありがとうございました。
来年もこの様な会を行っていきたいと思います。
今回ご参加頂けなかった方も是非来年はご参加下さい。
 2009/12/13  日本ウェルター級
この日、日本ウェルター級ランキング8位 影日"ポパイ"和徳がメインイベントで試合を行いました。
『爆弾小僧』の異名を持つ影日ポパイは1R開始のゴングと共にダッシュしストレートを放つ。そのままパンチを打ち合い、首相撲、放れれば蹴りを打つという展開。
ポパイはフックやアッパー、左ローキックをパワフルに当てていく。相手選手はストレートを中心にポパイに応戦。ワンツーから組みを仕掛ける相手選手だが、ポパイは逆に首を二つ取る。そこからプッシュハイ。ジャブ、ロー、右アッパーと次々に仕掛けていく。
3R、左フック、右アッパーを仕掛けて先手を打ったポパイ。打ち合いを仕掛けると、相手選手がこれに応じ、激しいパンチの打ち合いに。これに場内が沸き上がり、両者の攻防の激しさがより一層増していく。
距離を取って左ローキックを放つポパイ、相手選手はカウンターで左ストレートを返す、しかしポパイはお構いなしにローキックを連打。足が効いた相手選手に次々とパンチを打ち込みダウンを奪う。立ち上がった相手選手にローキック、フック、ストレートと仕掛け再び倒す。しかしこれはスリップダウン。再び激しくパンチ、キックを放ち試合終了の鐘。
判定3-0 影日"ポパイ"勝利。

お忙しい中、応援に駆け付けて頂いた皆様、声をかけて頂いた皆様、本当にありがとうございました。これからも暖かいご声援よろしくお願いいたします。
 2009/11/15  J-NETアマチュアキックボクシング全国大会
この日、アマチュアキックボクシング全国大会が行われボスジムから4名の選手が出場しました。
朝9時計量から始まり閉会式、帰路はPM10時を越える一日掛かりの大規模な大会である。
3名はトーナメントに出場し1名は女子ワンマッチ。
まず先陣をきったのはフェザー級にエントリーした『爆裂キック野郎』の異名をもつ横山さん。全国行きのキップを取るため今年デビューし3戦3勝と勢いに乗る。
しかし、フェザー級は32人の選ばれた選手が集まる今大会もっとも出場者の多い激戦区である。横山さんは30歳を過ぎ格闘技を始めた。さらに己を成長させる為、敢えて最激戦区を選んだ「」である。しかし格闘技歴は二年と短く、さながら遅れてきたルーキーといった所だ。

フェザー級トーナメント一回戦。
全国大会初戦が4戦目となる横山さん。緊張の色は隠せない。セコンドに着いてくれた練習仲間のみっちゃんに「横山さん楽しんで♪」とアドバイスを受ける。充選手はキックも総合もなんでも熟すアルティメットファイターで60戦程のキャリアがある。4戦目のアマチュア選手に試合を楽しむ余裕はまだない。しかし緊張は選手を集中させ、ローキックの痛みを掻き消す力がある。大丈夫、悪くはない。
試合開始のゴング。いきなり膝で突っ込む横山さん。膝!膝!膝!!?この日の為に習得した必殺技を乱用する。当たらない。なぜ当たらないんだ?焦る横山さん。膝を使うタイミングを完全に見失っている。「力んじゃダメです横山さん、全て使わなきゃ!」セコンドは大きな声で冷静にアドバイスを送る。
焦っている横山さんはもう全ての攻撃を振り回す。ナイスアグレッシブファイト。やはり緊張の為か肩に力が入りパンチもデカイ。振りが大きく当たらない。しかし相手も緊張している。お互い振りが大きく当たらない…いや当たった。お互い振りが大きい為、振りの速い横山さんのパンチが先に相手選手の顔面を捉えた。これは効いた!そのまま連打をまとめ3-0判定勝利。序盤慌てたものの初戦を見事に勝利した。逆にこれで今日の横山さんの良い所、悪い所がはっきりしアドバイスしやすくなる。最高の初戦だった。

フェザー級トーナメント二回戦
横山さんは一戦目で自分の良い所と修正ヶ所、課題が見えている。今日はとにかく攻撃が切れている。振りをコンパクトに撃つべし。当たれば主導権はこっちのものだ。いつもの動きに戻った横山さん。文句なし3-0判定勝利。

フェザー級トーナメント準決勝
ここで横山さんは『左の殺し屋』と異名をとることになる。
尻上がりに調子を上げる横山さん。もはや調子が上がっているという代物ではない。確実に大会を通じて進化している。「なれたんだねお父さん、スーパー横さんに。」幼少期の悟飯ならきっとこう言った筈だ。それ程の急成長だった。
準決勝のゴングが鳴る。横さんはゴングと同時にダッシュ。飛び蹴りからパンチ、またキックと面白いように攻撃を当てていく。しかし相手も準決勝まで勝ち上がってきた猛者。強い。打ち合いとなる。ここで横さんの『高速の左』が相手選手のジョーを捉えた!決着は一瞬だった。相手選手は棒のように倒れ落ちた。瞬間レフリーが試合を割って止める。空中で失神していたのだ。横山さん会心の一撃。左の殺し屋の誕生であった。セコンドを勤めた充がこう振り返る。「あんな速くて重い左見たことないですよ、えぇ私も格闘技をかじってるんでわかりますよ。こう(ゼスチャー)こう、カスるように当たったんですよ。そりゃあれ貰ったら倒れますよ」充選手談。

フェザー級トーナメント決勝戦
ここまで横山さんは一戦一戦全力を出し闘ってきた。その結果、決勝戦に駒を進めることができた。もちろん優勝するつもりで全国大会出場を決めた。しかし大会中は一戦一戦に己の全てを出し闘い抜いた。油断はなかった。その結果決勝戦に駒を進めた。それは決勝戦も変わらない。『優勝』しかしそれはただの結果だ。横山さんはこう言った。「最後の試合、勝ちたい。ただそれだけです。」横顔で静かに笑った。カッコイイよ横山さん。体はもうボロボロだった。右足首は飛びもう感覚はない。右肩は疲労で上がらずパンチの切れは死んでいた。
セコンドは最後のアドバイスを送った。「横山さんこの大会全て気持ちで闘ってきた。その結果決勝戦にいる。最後も変わりませんよ。勝つ。勝つんだという強い気持ち、根性を見せてください
フェザー級トーナメント決勝戦ゴングの鐘が鳴る。
対戦相手は若くて強い。入れ墨を纏ったその身体は横山さんより一回りデカイ。横山さんを食い殺すと言わんばかりだ。獣の様に襲い掛かる。横山さんも覚悟は出来ている。打ち合う姿勢だ。稲妻の如く烈しくパンチが交錯する。危ない!相手選手の拳が横山さんの顔面を捉える。目の前が白くぼやける。獣の様に襲い掛かる相手選手。しかし横山さんは壊れかけの右と高速の左で応戦する。互いに譲らない。しかし若さ、フィジカル、テクニックにおいて相手選手が上だった。ボロ雑巾のように飛ばされ痛め付けられる横山さん。しかし…横山さんは諦めない。腕はもはや上がらない。しかし横山さんの目は生きている。ランランと輝いている。壊れた右足で相手選手の脇腹に蹴りをぶち込む。効いた。暗闇を切り開く一筋の光。セコンド「横山さん!テンカオだ!!」膝!膝!膝!!怒涛のテンカオ。一回戦ではこだわり過ぎた膝蹴り。しかし封印した伝家の宝刀テンカオをここで抜いた。試合終了のゴング。どっちだ!??
判定結果…旗は上がらない引き分け。延長戦突入。

フェザー級トーナメント決勝 延長戦
インターバルはない、すぐに延長戦のゴングが鳴る。セコンド「テンカオを使うんだ。」頷きコーナーをでる横山さん。
互いに死力を尽くしていた。横山さんは限界を越えていたかも知れない。相手選手はその剛腕を振りに勢いよく突っ込んでくる。横山さんは嵐に飲み込まれそうだった。しかし横山さんが選んだ武器はやはり必殺のテンカオだった。相手の攻撃が強ければ強い程威力を増す魔性の技。横山さん自身この技で相棒のはずの健太郎に何度も血ヘドをはかされ習得した必殺と呼べる威力を秘めた技である。しかしテンカオはただでさえ片足になる為、相手のパンチが掠りさえすれば転びダウンを取られる危険な技。この腕の上がらない状況でテンカオを狙う。殺るか殺られるかだ。気持ち、強い気持ち横山さんから『Soul Fight』を感じた。
延長戦。ダメージ、疲労、ボロボロの状態両腕はもはや上がらない。ノーガードからのど付き合い、そこから起死回生の必殺テンカオ!相手選手の腹に突き刺さる。効いた!ラスト10秒さがる相手を追いかける横山さん延長戦終了のゴング。どっちだ?判定…ザワザワザワザワ…判定!
2-1赤コーナー横山!!ワァー大歓声に包まれる。吠える横山さん。やった。やったんだー!
勝ったんだ。全国一になったんだ。満身創痍。ボロボロの状態。試合終了後横山さんの鼻の骨は折れ陥没し激闘を物語っていた。そんな状況で前に出つづけた横山さんは自分自身に勝ったのだ。それが一番だった。
おめでとうございます。泥臭い最高に泥臭い魂を感じることのできる素晴らしい試合をありがとうございました。
セコンド一同。

J-NETアマチュアキックボクシング全国大会
フェザー級トーナメント優勝 横山昭

「闘う公務員」「爆裂キック野郎」「左の殺し屋」「THE SOUL FIGHT」「無敗のファイティングエリート」

しかし彼はまだ知らない。栄光の先の挫折を…そしてその先の光を
 ミドル級
ミドル級に出場した島田選手は去年の全国大会ではフェザー級に出場し第三位に輝いている。
本来軽量級の彼は、打倒ムエタイを掲げ、タイ人がよくやる階級を無視したマッチメイクを志願してきた。無尽蔵のスタミナと無類の打たれ強さを武器に階級を七つ飛び越えエントリー。本場タイでも58`の選手が73`契約で試合をすることは殆どない。階級無視ではタイ人を越えたか?打倒ムエタイの火ぶたは切って落とされた。
ミドル級トーナメント一回戦
やはり島田選手と比べるとミドル級の選手は大きい。島田選手の対戦相手は180aを越えている。身体も二周りは大きい。しかし島田選手には大きな相手に向かって行ける『怯えぬ心』がある。軽量級の上手さと『怯えぬ心』で旋風を巻き起こせるか。試合の鐘が今鳴った。
相手選手の周りを回り撹乱させる島田選手。素早いローキックをバシバシ当てていく。長身の相手選手はちょこまか五月蝿いと襲い掛かる。し、しまった!?捕まってしまった。怒涛の打ち合いが開始される。いや違う、島田選手は誘ったのだ。島田選手は懐に入り込みオーバーハンドライト、反しの左フックと面白いように攻撃を当てていく。なんて男だ。本来、軽量級の選手が階級上の選手に挑む際、老獪なテクニックやスピードを使って闘うものだが島田選手は打ち合いを選択したのだ。客席からは軽量級なのに!?とどよめきが上がる。どこまでも見上げた根性である。遠い間合いからローキック、懐に入ればパンチの連打。止むことのない攻撃。効いている。オーバーハンドライト!相手選手の顎に炸裂しコーナーに吹っ飛ぶ!コーナーに追い詰め連打を叩きこむ「ダウン!!」後ろを向いた相手選手にダウンが宣告された。そして試合終了のゴング。3-0文句なしの判定勝利。階級の壁を越えた瞬間だった。

ミドル級トーナメント 二回戦
島田選手の相手はまたデカイ!先程の選手も大きかったがこちらの選手はもっとデカイ。190aはあろうかという大男だ。しかも首相撲を武器にしている選手。打倒ムエタイには申し分ない相手。相手選手は典型的な首相撲ファイター。しかし島田選手は首相撲が強い。首相撲から膝を貰ってダウンすることは考えられない。身長差がなければ首相撲の攻防が行えるがここまで身長差があると難しい。首相撲には付き合わない作戦をたてた。
試合開始のゴング。先程と同じように遠い間合いからローキックを入れる。インローアウトローと面白いように決まる。しかし相手選手は出てこない。これではKOできない。試合を作る為アグレッシブに前に出ていく島田選手。しかし相手選手は付き合わず執拗に首相撲を取りにくる。しかし首を取られる島田ではない。硬直ブレイク。これを何度繰り返したことだろう。パンチを打ちにいけば必ず首相撲クリンチ。時間がない。その刹那!島田選手のオーバーハンドライトが炸裂する。打ち合いになるか!いやならない。パンチを当てても直ぐに組み付かれ有効打を掻き消される。相手セコンドは冷静沈着。飽くまで打ち合いは避け首相撲でなんとかするつもりだ。判定はやはり差がない。延長戦へ。
残り時間一分、時間がない。FaithinguSpiritを忘れない島田選手は前へ前へと出る。しかし距離が詰まれば首相撲、クリンチへと変わらぬ展開。怒涛の攻撃で前にでる島田選手、ラスト10秒!しかしここで相手選手の首相撲が始めて二つ入る。膝を打たれるが落ち着いて対処し前に行き膝を殺す。ここで試合終了のゴング。…判定…3-0島田選手敗れる。最後の印象点での敗北だった。島田選手は効いた攻撃はなかったと悔しがった。しかし判定結果を潔く認めた島田選手はスポーツマンだった。
最後まで冷静沈着な作戦を遂行した長身選手はそのまま優勝した。優勝おめでとうございます。
 女子45級ワンマッチ
女子ワンマッチに出場した宗田さん。彼女は強くなる為、ボスジムに移籍してきた移籍組だ。それほど「強くなりたい、勝ちたい」という高い志しを持った選手である。現在、女子キックボクシングは非常に華やかでJ-GIRLで活躍する田嶋はる選手を筆頭に綺麗な選手が多い。宗田さんもプロ選手に負けないぐらい華があり、差し詰め闘う鈴木あみといった所だ。また彼女は非常に素直で謙虚な為、チームメイトからの信頼も厚い。
試合開始前、緊張しているようだったがアップを開始すると破壊力のある打撃をミットに打ち込んでいく。女子選手でこの破壊力は群を抜いている。しかし緊張の為、息が上がりやすくなっていた。もしも、スラムダンクの彦一がいたら要チェックされたことだろう。そして田岡茂一にボスジム不安要素と言われたことだろう。
しかし彼女には勝負度胸と破壊力がある。
1ラウンドのゴングが鳴った。作戦は強いキックからパンチを打ちましょう。と言うシンプルなものだった。彼女は見事にその作戦を遂行した。キックからパンチ。相手選手も負けじとキックを連打してくる。その刹那宗田さんの右フックが相手選手の顎を捉えスコンと倒れる相手選手。鮮やかなダウンを奪う。女子キックでは非常に珍しい見事なダウンだった。その後ラッシュしレフリーストップ!見事な1ラウンドKO勝利。
軽量級の女子キックの試合、それも16オンスにヘッドギア装着。にも関わらずダウンを奪うパンチ力、冗談でも叩かれたくないですね。でも彼女のパンチなら嬉しいかもな。一般会員談

KO勝利おめでとうございます。応援に行った仲間と喜びを分かち合いました。
 ライトヘビー級トーナメント
竹内くんは去年のライトヘビー級トーナメントで優勝している。王者としての凱旋。今回は新たなチャレンジ『冒険』をテーマに階級の壁を越え、ヘビー級トーナメントへの出場を希望していた。しかしヘビー級トーナメントが行われない為、去年に引き続きライトヘビー級トーナメントにエントリー。テーマを前人未踏の4連覇『4timesChampion』をモチベーションに闘いに臨む。

ライトヘビー級トーナメント 一回戦
竹内くんはこの日とにかくよく働いた。朝9時から、全国大会に初めて出場する選手達に気を使い、アドバイスを贈り、アップからグローブ、プロテクターの装着までなんでも熟した。そんな優しい彼だ。
竹内くんの試合が午後5時遂にやってきた!普通の人ならここまでで疲れてしまう。しかし竹内くんは違う。週3+αの練習で己を鍛えている。準備は出来ていた。
一回戦の相手は全国レベルの空手家だという情報が入ってきた。先程までの優しい顔をした竹内くんもうそこにはいない。まるでジャイアンのような顔で「やってやるよ」「俺と打ち合えんの?」「3分持つの?」とジャイアン発言を繰り返している。凄いミット打ちで周囲の方を驚かせる。
ジャイアンVS空手 異種格闘技試合開始のゴング。一人舌戦を繰り広げたジャイアンはテンションMAX。いきなり打ち合いとなる。両者アマチュアとは思えない壮絶な打ち合い。打ち合いで負けたことは一度もないと自負するジャイアンは前に前に出続けパンチの雨を降らせる。2分30秒は打ち合っていただろう。ここでジャイアンは効いた相手に対して首相撲を取り膝蹴りの雨まで降らせる。下を向いてしまった相手に膝蹴りの連打。ダウーン!!レフリーが慌てて割って入る。ここで試合終了の鐘。あと20秒あったらと悔しがるジャイアン。KOを狙っていたらしい。午前中仲間の手伝いをしていた彼とは別人、リングでは見事なジャイアイズムを発揮させ改心の勝利だった。

ライトヘビー級トーナメント決勝戦
竹内選手の気持ちは切れていない、ジャイアンのままだ。決勝戦の相手はシードで上がってきた選手。ジャイアンより大きい。しかしジャイアンは動じない。試合開始のゴング。相手選手が手を合わせに来たその刹那ジャイアンは挨拶がわりに左ストレートをお見舞いした。これには会場がどよめいた。相手選手は面食いよろめいた。「コノヤローやりやがったな!」と発言し復讐の鬼と化す。しかし既にジャイアンと化している男にこの行為は危険だ。ジャイアンのクロスカウンターが凄い音を響かせヒット。完全にレフリーは試合を止めようと相手選手を見ている。必死にクリンチで凌ごうとする相手選手にジャイアンはサバオリを敢行する。鬼と化した挑戦者が「腰がぁー(:_;)」と言いながら崩れ落ちる。ジャイアンは止まらない。崩れ落ちる相手選手に寸止めパンチをお見舞いし「死んでたよ」的な顔でニヤり。ジャイアイズム恐るべし。ここでレフリーがジャイアンのサバオリにイエローカード。一瞬人のいい竹内くんに戻って反省する。しかし再開のゴングが鳴ればそこは四角いジャングル。しっかりジャイアンに戻り相手選手に「フルボッコにしてやんよ」と向かっていく。
たちまち嵐に巻き込まれる挑戦者はダウンを宣告される。ジャイアイズムは止まらないファイティングポーズをとる挑戦者に直ぐさま突進!連打から戦慄の膝!倒れ込む選手!ここでレフリーが試合をストップ。ジャイアンが2連覇を達成した。

長時間の大会にも関わらず応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。出場した全選手、持てる力を出し切り素晴らしい大会となりました。心よりお礼申し上げます。
 2009/9/27  プロ試合結果
この日、影日"ポパイ"和徳(ウェルター級 ランキング8位)が涼平選手(TARGET)と試合を行いました。
1R.ウェルター級ながら強打を武器にKO率八割五分を誇る影日"ポパイ"和徳。1R目から倒しに行くポパイ選手。しっかりと戦略を立ててきた涼平選手は間合いを詰めクリンチで凌ぐ。この展開にポパイ選手は首相撲から肘の連打を放つ。放れればローキック。近付けば首相撲、肘の連打。
2R.遠い間合いからパンチ、ローキックを放つポパイ選手。涼平選手は堪らず間合いを詰めクリンチ、そこから崩し。この展開でポパイのリズムを崩しに掛かる。涼平選手のクレバーさが光る。
3R.ポパイ選手はダメージを与えた涼平選手の足に狙いを定めローキックを連打。打撃を避ける為、間合いを詰めクリンチする涼平選手。打撃を与え続けるポパイ選手。間合いを詰め崩しに掛かる涼平選手。両者休むことなくこの展開が続く。ローキックに足が流れだす涼平選手。畳み掛けるポパイ選手。しかしガッツのある涼平選手は倒れない。最後は縺れ合いながら試合終了のゴング。判定となりダメージを与え続けた影日"ポパイ"和徳選手の判定勝利となりました。
しかし、この試合で課題が見えたポパイ選手。涼平選手のようなクレバーな選手に間合いを詰められクリンチされた時、いかにして相手をKOするか。自分の得意な形に持っていくか。次戦ではフィジカルとテクニックが試されます。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
 2009/8/07  夏期休館のお知らせ
13日(木)14日(金)15日(土)はお盆の為、休館となります。
お間違えの無いよう、ご確認ください。
 2009/6/28  K-1甲子園 関東大会
高校生キックボクシング大会最大の祭典!K-1甲子園。
ボスジムから出場するのは高橋峰行くん高校三年生。この為に一年間プロ選手に混じり練習してきた。成果を試すときが遂に来た。今年に入りボスジムはアマチュアキックボクシング大会16戦15勝負けなしと絶好調。その勢いを牽引してきたのはこの峰行くんだ。粗削りながらキックボクシング戦績は5戦5勝3KOと毎回ダウンを奪うハードヒッターである。
K-1甲子園。関東大会は50名近くの高校生ファイターが集まり、会場は大きな熱気に包まれていた。
【一回戦】戦績を認められシード選手となる。
【二回戦】緊張していた峰行だが、リングに立つと落ち着きを取り戻している。序盤から蹴りからパンチと繋ぎ早くもダウンを奪う。相手はファイティングポーズをとる。試合続行。しかし峰行の勢いは止まらない。チャンスと見るや怒涛のラッシュ!続けざまにダウンを奪い初戦をKOで突破。
【準々決勝】
相手はキックボクシングの親子鷹。タイにも修業に行き、プロでも試合をしているのか?非常に強い選手である。しかし峰行は初戦を最高の形で駆け上がり勢いに乗っている。序盤からいいパンチを当てラッシュ。パンチが度々顔面を捉える。キックを使えというセコンドの声もしっかり届いていた。3−0判定勝利。
【準決勝】
遂に来た。準決勝、相手は藤鬥嘩裟選手。高校生にしてプロキックボクシング チャンピオン
大晦日ではHIROYA選手と闘い一躍時の人となった高校キックボクシング界最強の一人である。
峰行はこの日を待っていた。藤鬥嘩裟選手と闘う為にこの一年間プロ練習に参加し己を鍛えた。緊張の面持ち今ゴングの鐘が鳴る。(前蹴りに合わせ懐に飛び込みパンチを叩き込む。)これが作戦だ。ゴングが鳴り互いに間合いを計る。一瞬で飛び込んだ峰行は強烈なパンチをヒットさせる。鬥嘩裟選手の顎が跳ね上がる。行ける!しかし鬥嘩裟選手は素早く間合いを潰しクリンチでブレイク。高校生にして老獪。しかしファーストコンタクトは峰行がとった。やれる。前蹴り対策は完璧。前蹴りをかわし懐に飛び込みパンチを浴びせにいく峰行。しかしそこは超高校級 鬥嘩裟選手。間合いが詰まりパンチの距離になればクリンチ膝、首相撲、膝と打ち合いには絶対に付き合わない。何度かレフリーに組み付きを注意されるがぎりぎりのところでカードはでない。タイ人の様な試合運び。そんな展開が繰り返される。組際から一瞬の隙をつき鬥嘩裟選手の膝蹴りが峰行の腹に突き刺さる。そして首相撲からの上段膝蹴り。危ない峰行の頬を掠める。ルールの隙をつくクレバーなファイト。厳しい攻撃。伊達に高校生チャンピオンではない。そして試合終了のゴング。判定3-0峰行敗れる。
両選手対戦相手のセコンドに挨拶。甲子園らしい清々しさ。そして熱い試合だった。
【決勝戦】鬥嘩裟選手は前評判に応え優勝!!。物凄い期待とプレッシャーがあったであろうが見事優勝した鬥嘩裟選手にボスジムから大きな拍手を送りたい。しかし、峰行は戦友(トモ)との出会いによりさらに強くなることをここに印しておこう。三年後の峰行が今から楽しみだ。
K-1甲子園 関東大会 第三位 高橋 峰行
 2009/6/14  J-NETWORK アマチュア大会
 この日、アマチュア大会が行われボスジムからは二人の選手が出場しました。全国大会優勝を目指す峰くんと去年の全国大会80`級チャンピオン竹内くんです。
 峰くんは1ROUND 開始早々からスピード溢れる攻撃で早速ダウンを奪いそのままKO勝利となりました。おめでとう!峰くん。
 竹内くんは今回無差別級に挑みます。現在竹内くんの体重は82キロ。一方対戦相手は180センチオーバー95キロ。確かな大きさ。この巨漢選手相手に竹内くんがどう挑むのか見所です。1ROUND 説明を受ける両者。相手の方が二回りは大きい(笑)ゴングと同時にいきなり突進し打ち合う両者。打ち勝つ竹内選手。相手は嫌がり下を向くそこに膝蹴り。堪らずクリンチで押さえこもうとする巨漢選手。非常に利に叶った攻撃だが竹内選手は組んでも負けず逆に首相撲から膝を叩き込む、そしてプッシュ!相手をコーナーに釘付けにしパンチを連打。この展開で1ROUND終了。2ROUNDも同じ展開、対戦相手は余りの手数にスタミナも切れ失速、そのまま判定勝利となりました。今回は階級を超えた闘いでしたが、見事テクニックとフィジカルでヘビー級選手を押さえこむことができた竹内くん。価値ある一戦だったと思います。おめでとう!!
 2009/6/14  J-NETWORK ランキング戦
 今回、影日"ポパイ"和徳の相手はNIZUMAX選手。非常にトリッキー且つ多彩な蹴りを持つフィジカルも強い選手。
1ROUND
 いきなり飛び膝蹴りで突っ込み首相撲も仕掛けるNIZUMAX選手。それをポパイは落ち着いて捌き、強烈な蹴りでダメージを与えていく。
 しかしNIZUMAX選手もブラジリアンキックやバックハンドブローといったトリッキーな技を連発し反撃。トリッキーな選手には自ら攻めたほうが効果的なことを知っているポパイは間合いを詰める。間合いが詰まればクリンチを多様するNIZUMAX選手。ここで1ROUND終了のゴング。
2ROUND
 変わらずプレッシャーをかけ続けるポパイ。対してNIZUMAX選手は両手をダラリと下げ挑発。そこにすぐ様パンチとキックを叩き込むポパイ。
 ポパイがキックを打ち込む際、NIZUMAX選手は前蹴りを合わせ、ポパイのバランスを崩す。チャンスと見たNIZUMAX選手はダッシュ!!上段飛び前蹴りを放ったその瞬間、身体を半身に捻り前蹴りをかわし組から廻し膝蹴りを叩きこんだ"ポパイ"。この流れるような見事な廻し膝蹴りが決まり試合の流れを一気に引き寄せ、最後は相手の鼻骨を折りTKO勝利。
 しかしNIZUMAX選手は鼻の骨が折れてもなお闘おうとするとても心の強い素晴らしい選手でした。また多彩な技を使う選手ということもあり、良い経験を積むことができました。

応援して下さった皆様本当にありがとうございました。
ランキング戦を勝利し、いよいよタイトルも視野に入ってきました。
これからも皆様の応援よろしくお願いいたします。
 2009/5/24  日韓対抗戦  New!
 千春"ウォーズマン"は遂に世界からオファーを受けいざ決戦の地、韓国へ
 前回、他団体の元王者を撃破し千春"ウォーズマン"となり無敗記録更新中。日本ランキングは一位になっている。
 対戦相手は韓国キックボクシング王者 イ テウォン選手。ニュージェネレーション韓国K-1王者でもあり、現在、伸び盛りの新進気鋭のチャンピオンである。
 今大会は韓国No.1ホープとの意味のある大切な一戦。そして初の海外でのメインイベント。舞台は整った。
 試合まで順調なトレーニングで己を追い込む千春。
いざ決戦の地へ〜
1ROUND
 イ テウォン選手は逞しい身体からいきなり左右の強打を放つ。気持ちのいい選手だ。この選手となら熱い闘いができる。ファーストコンタクトで千春はそう感じたらしい。
 イ テウォン選手は前に出てくる凄い圧力、しかし前に来られて下がる千春"ウォーズマン"ではない。真っ向勝負!!
 キックからパンチを繋ぎ前にでる千春"ウォーズマン"。相手はダッキングでパンチを避けフックを返す。そこに膝蹴りを合わせジャストミート。グラつく韓国王者。主導権をとる千春"ウォーズマン"。一進一退の攻防が続き会場はヒートアップ、ここで1ROUND終了のゴングが鳴る。
2ROUND
 千春"ウォーズマン"の作戦は相手を倒す。この一言に尽きる。もう完全にスイッチが入っている千春"ウォーズマン"は怒涛の攻撃。相手をコーナーに追い詰め膝蹴りを連打。倒せる。その瞬間「ブレイク!」レフリーが割って入る。首相撲を取ればレフリーに割って入られてしまう。千春!組み付かない膝で攻めろ!!会長が激を飛ばす。蹴りからパンチまたもやロープに追い込んだ。組み付かない膝蹴り。倒せる。「ブレイク!」駄目だ膝蹴りではレフリーに割って入られてしまう。ここでゴング2ROUND終了の鐘が鳴った。
3ROUND
 作戦は変わらない。
 千春"ウォーズマン"は韓国王者相手に倒しにいく。しかし韓国王者も精神力が強い負けじと打ちあう。膝蹴りではレフリーに割って入られてしまう為、パンチで意識を断ちにいく。その瞬間、ストレート返しのフック!!意識が飛ぶ韓国王者、そのままコーナーまで追い込みパンチで纏めに掛かる。が、王者がクリンチワークで逃げようと必死に抱き着く、しかしそれを振りほどき、渾身のストレートを打ち抜こうとした瞬間「ブレイク!!」声が掛かりレフリーがリング中央まで両選手を戻し仕切り直し。度々この展開が続き試合終了のゴング。
 判定結果は千春"ウォーズマン"。勝つことはできたが韓国王者の意地を見た一戦。また完全アウェーを体感した、いい経験を積めた大会となった。
 応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。無事勝つことができました。次回も変わらぬ応援よろしくお願いいたします。
 2009/5/17  J-NETWORKアマチュアキックボクシング大会
 今回、ボスジムからは2名の選手が出場し、3戦3勝1KOと勝利することができました。この大会に出場した二人はアマチュアキックボクシング無敗と非常に勢いに乗っている二人です。素早いフットワークと破壊力あるパンチ、冷静にセコンドの指示を実行できる能力でアマチュア大会で暴れまわっています。今回もやってくれました!期待していましたが期待以上の大活躍でダウンやノックアウトを奪い見事な勝利!!おめでとう峰行。横山さん。
 応援して下さった皆様ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。
 2009/4/19  J-NETWORKアマチュアキックボクシング大会
 今回、ボスジムからは5名の選手が出場し5戦5勝3KOと全勝することができました。皆リングの上で堂々と闘いました。今大会はボスジムにとっても素晴らしい大会となり、出場した選手全員が勝利。しっかりとしたトレーニングを楽しく積めば誰でも強くなれるということを証明することができた大会でした。またセミファイナルに出場した竹内選手とファイナルに出場した半井選手はしっかりと大会の最後を締め括る1ラウンドKO勝利。連続KOで会場を湧かせました。また半井選手は大会MVPにも選ばれ、全ての賞を頂くことができました。上を目指す二人にとって見事に大役を果たし、良い経験となりました。
 そしてボスジムの最優秀選手は、初めて試合に出場した二人、貫井くんと横山さん。貫井くんは初めての試合にも関わらずキック、パンチをバランス良く使い、ダウンを奪っての完封勝利。また横山さんも初めての試合にも関わらず老獪なテクニックを見せ、衝撃のテンカオでKO勝利。「物凄く緊張し夜も眠れない」と語っていた横山さんですが、試合では落ち着いて闘い、試合後は晴れやか。少年のような笑顔でした。おめでとうございました。
 応援に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。
 2009/3/29  タイタンズ
 今回の千春"ウォーズマン"の相手は、NKBミドル級王座を無敗で取得し、現在、日本ランキング3位の阿久澤英一選手。
 3分3Rで行われたこの試合。1R開始からアグレッシブに攻める千春"ウォーズマン"。前回を上回るトレーニングをし、パワー、スピード、テクニックを上げた。その成果か、いつもに増して攻撃がキレている。多彩な蹴りからパンチへ繋ぎ早々とダウンを奪う。そこから怒涛のラッシュ。試合を終わらせる気だ。しかし流石が本物、阿久澤選手しっかりと顎を引きこのラウンドを凌ぐ。しかし2R3Rも千春"ウォーズマン"の勢いは止まらない。阿久澤選手の巧みなディフェンスをキック、パンチと多彩な攻撃で破り、終始攻め続け千春"ウォーズマン"が大差の判定勝利を上げた。

千春"ウォーズマン"コメント
 応援してくださった皆様ありがとうございました。
 阿久澤選手は本当にうまくて強いチャンピオンなので闘えて嬉しかったです。闘いには心技体全てが必要ですが、今回は特に技の部分、技のプライドをかけた闘いになると思っていました。阿久澤選手は本物のテクニシャンです。しかし私は、ボスジムでトレーニングしています。テクニックで負ける訳にはいきません。今回、高い技術の攻防を見せることができたと思います。しかし私はさらに破壊力を上げKOの山を築いていきたいと思います。
 私はさらに進化します。変わらぬ応援よろしくお願いいたします。
 2009/3/15  J-NETWORKアマチュアキックボクシング大会
 ボスジムから三名の選手が出場し、2勝1分けと勝ち越すことができました。皆リングの上で生き生きと闘っていました。今大会輝いた選手は、全国大会出場権を持つ半井龍選手。伸びのあるキックと強力なパンチを武器に落ち着いた試合運び。チャンスと見るやハイキック。場内に乾いた音が響き渡りました。キレイに倒し、そこから膝を入れた見事なラッシュ!ナイスファイトでした。おめでとう。
 また応援して下さった皆様本当にありがとうございました。
 2009/2/15  J-NETWORKアマチュアキックボクシング大会
 ボスジムから三名の選手が出場し、見事3勝2KOとチーム全員が勝利することができました。皆リングの上で輝きを放っていました。中でも今大会もっとも輝いた選手は、全国大会で優勝した竹内和洋選手や島田夏樹選手を押さえ、デビュー戦の高校生、高橋峰行クンでした。デビュー戦とは思えない落ち着いた試合運び、チャンスと見るや怒涛の攻撃、スピード、技のキレ、勇気、申し分ありません。見事なKO勝利。おめでとう。
 また応援して下さった皆様本当にありがとうございました。
 2009/2/15  J-NETWORKプロ大会
 千春"桃白白"改め=千春"ウォーズマン"となる初戦。
 対戦相手は福岡の雄、驚異のKO率100%を誇る 田村陽典選手。
 序盤から試合は激しく動きパンチとキックを繰り出す両者。千春"ウォーズマン"は膝蹴りからパンチへ繋げ、爆発的な纏め打ち、前のめりに倒れそうになる田村選手、ここでレフリーが割って入りダウンを宣告。田村選手はファイティングポーズをとる、試合続行。しかしすぐに千春"ウォーズマン"は嵐に巻き込むかのようなラッシュ、コンピューターの如く正確な攻撃を纏める。パンチが入った瞬間前のめりに崩れた田村選手そこでレフリーストップ。見事"ウォーズマン"としての初戦を1RKO勝利で飾ることに成功しました。
 皆様の温かいご声援本当にありがとうございました。

千春"ウォーズマン"へのインタビュー。
インタビュア:見事なKO勝利おめでとうございます。
"ウォーズマン":コーホー…
(マスクをしていると話せない様子)
インタビュア:マスクを外してください。
(マスクを外す千春"ウォーズマン")
インタビュア:見事なKO勝利でしたね。狙っていたのですか?
"ウォーズマン":狙っていました。私は闘うとき必ず相手を破壊するつもりで闘っています。
インタビュア:それはすごい、会場が盛り上がるでしょうね。

インタビュア:なぜ改名したのですか?
"ウォーズマン":ただ名前を変えたわけではありません。私は敗北し挫折を味わいました。しかし私は立ち止まることではなく前に進む決意をしたのです。よりいっそう己を追い込むトレーニングで心・技・体は進化しました。来月にも試合があります。今の私はトレーナーがGOを出してくれるなら毎日でも戦うことができます。
インタビュア:強いメンタリティと自信を手に入れたと。
"ウォーズマン":戦う男="ウォーズマン"だと、今の私にもっともフィットする名前です。

インタビュア:攻撃力が格段にパワーアップしたように見受けられたのですが?
"ウォーズマン":えぇ、恐らく1200万パワーは超えているでしょう。
インタビュア:どうしてそこまでの力を手に入れられたのですか?
"ウォーズマン":タイトルマッチでの敗北です。挫折が私をさらに強くしたのです。人は勝ち続けるだけでは強くは慣れないと教えられました。そこから立ち上がるか逃げるかは自分が決めることです。
インタビュア:なるほど。立ち上がり前に進んだと。
"ウォーズマン":今の私はジョルジュ サン ピエール並に強いですよ。
インタビュア:それはいらないです。どうもありがとうございました。
"ウォーズマン":(マスクを付けて)コーホー…
 2009/1/1  新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

▲このページのトップへ